挨拶状印刷 ■夢工房−埼玉県川口市 ■Tel:048-284-8100 ■Fax:048-611-7420(24H)
HOME | ★夢工房 | 宛名印刷 | 封入作業 | ご注文方法 | お支払方法| RSS | ATOM | SEARCH
切手と郵便別納マークはどちらにしよう?

郵便切手(80円又は90円)と郵便別納マークはどちらにしよう?


「正式に!」と言われたら、切手を貼って出します。


格式が高く、定期的に送っている封書(挨拶状・案内状)等は、切手を貼って出すことが多いと思います。切手を貼った方が丁寧です。

どちらが多いの?


よく質問されますが、正式な形は切手を貼って丁寧に!になりますが、それほど気にされない場合は、郵便別納マークで出される方も多いのも事実です。

実際、受け取る側の立場で考えるとそれほど、切手か郵便別納マークのどちらで届いているか?なんて、気にして見ている方は少ないように思います。

実際は半々くらいの割合です。(夢工房の実績から)

企業様、団体様のお考え一つです!


では、どちらにするか?
正式(かたく)出すと言った場合は切手、特に気にならない場合は手間のかからない料金別納マーク。

判断材料として、料金と時間を比較すると
●切手を貼った場合……100枚丁寧に貼るのに、約1時間かかります。
切手貼り作業まで請けた場合……1通あたり15円(税別)15×200件=3000円(税別)

●郵便別納マーク印刷した場合(宛名印刷と同時に)
郵便別納マーク料金 500円+200件×10円=2500円(税別)

郵便別納マークで出した方が若干料金的に安く、納期的に早く投函まで作業ができます。

宛先の方たちはどういう方が多いのか?今までの会社・団体内部の考え方・方針等はお客様でないと判断ができませんので、上記ご参考のうえご判断いただければと思います。




author:PrintShop★夢工房, category:よくある質問?, 01:31
comments(0), trackbacks(0), -