挨拶状印刷 ■夢工房−埼玉県川口市 ■Tel:048-284-8100 ■Fax:048-611-7420(24H)
HOME | ★夢工房 | 宛名印刷 | 封入作業 | ご注文方法 | お支払方法| RSS | ATOM | SEARCH
喪中に年賀状が届いた場合<寒中見舞いマナー>

喪中に年賀状が届いた場合<寒中見舞いマナー>

喪中ハガキを送らなかった人から年賀状が届いたり、12月に入ってから不幸が身内に不幸があって、喪中ハガキをの作成・投函が間に合わなかった場合、
松の内松(正月の松飾りを立てておく期間、一般的には元日から15日まで。)が明けてから連絡が遅れた詫び状を出します。

『寒中見舞い』はお正月が明けて1/15日〜1月中に投函されることをおすすめいたします。

遅くなっても、2月の第一週目くらいには投函しましょう。
 最近では『寒中見舞い』として挨拶状を出すことが一般的になっています。

また、喪中ハガキが届いた場合や
喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合の詫び状も、寒中見舞いとして出します。

JUGEMテーマ:家庭


author:PrintShop★夢工房, category:-, 21:15
-, trackbacks(0), -